ホーム > life > 内職ワークを充実させる快適インテリア

内職ワークを充実させる快適インテリア

在宅ワークの環境を整えるには、まずワークスペースを確保することが大切です。作業のたびに資料や必要書類を広げる場所を用意していたのでは作業効率が下がってしまいます。

作業のための部屋を用意できるのは理想ですが、現実には普段使っている部屋の一部分のスペースを有効利用することの方が多いのではないでしょうか。その場合どの部屋を選ぶかという点ですが、寝室のように休む部屋ではなくダイニングやキッチン横など電気ソケットが多くあって、普段家事などの作業をしているスペースの方が何かと便利で時間を有効活用できるのです。

キッチンの隅を利用したワークスペースには、脚がZ型になっていておしゃれな作業台といった形のものが良いでしょう。気軽に移動させることもできますし、インテリア的にも圧迫感がありません。デザイン的にはちょっと硬めになりますが、底のない箱型のようなコの字型デスクも最もシンプルな形で安定性という点で優れています。

パソコンやモバイルなど、デバイスをいくつも必要とするような在宅ワークでは、L字型に配置できるデスクがとても便利です。スペース的に難しい場合には、今ある小さなデスクにキャスター付きのサイドワゴンをサイドにおいて利用します。デスクとおそろいでなくても、カラフルなキッチンワゴンをコーディネイトしてみるなど、楽しみ方はいろいろです。



コメントする